たいぼく(おおきめログハウス)「”2017 年 8 月までの三冊の同人誌”」感想

たいぼくさんがこれまでに出した同人誌のうち「ブルーモーメントの娘たち」「歯に衣きせる」「島とビールと女をめぐる断片」の三冊についてまとめて語りたくなったのでまとめて語ってみました。
が、そのせいでタイトルがひどいことになっている気がします。まぁ、仕方ないかな……。

さて、本文に先立って、まずはあらかじめ用語の定義をしておきます。
私、本田そこの使う “かわいい” は “対象から知覚される情報が俺の脳を滾る方向で刺激している” という意味です。うん、汎用的ですね。
あと、 “感想” と書いて “作品をダシにして思いの丈を吐き出す” と読みます。はい、自己表現ですね。

それでは以下、本文です。

はじめに

Twitter の RT かなんかで絵を観てめっちゃかわいいと思ったからフォローしたのが始まりのような気がしていますが、たいぼくさんを知ったきっかけとかはもう記憶の彼方にあることなのでさておきましょう。

とりあえず言っておきたいのは、素晴らしいよね!絵の持つ情念!ってことです。

一応この記事ではマンガの感想を書くつもりなんですが、ひとまず先に一枚絵について思うことをちょっとだけ垂れ流します。

たいぼくさんが Twitter に上げてる絵の中で特に好きなのが、その文脈の中に他の “誰か” がいるっていうタイプのやつなんです。
たとえば最近だと

を観て「好き!(ほくろ!)」ってなったり

を観て「青さ!」ってなったりしてましたが、こういうのって。タイプは違えど “誰か” の存在を匂わすやつじゃないですか(豆乳のやつはダイレクトだけど)。

こういうのすっごい好みなんです。

あとで書きますが、たいぼくさんのマンガでいいなって思う要素の一つにシーンの切り抜き方っていうのがあって、ざかざかと感想を書きながら、もしかしたらそこら辺と通じてるのかもしれないなと思ったりしました。

ということで、次からは自分が最近読んだ三冊の同人誌それぞれについて感想を零していきます。普通にネタバレしてると思うから、感想を読む前に全部読むのがオススメですよ!!(とらのあなの Web の通販のやつへのリンク と COMIC ZIN の Web 通販のやつへのリンク)

続きを読む

コハク燈「寄せ植え vol.1」感想

あまぶん で入手した コハク燈 さんの短編集『寄せ植え vol.1』の感想です。

ネタバレはあまりないと思います。

作品の内容というよりは、読んで思ったことをそのまま垂れ流してます(紹介じゃなくて感想ですからね)。

続きを読む